• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 257
  • 公開日時 : 2020/08/25 15:40

2018年11月に起きたビットコインキャッシュの「ハッシュ・ウォー」。中心人物となったのは誰と誰?

2018年11月に起きたビットコインキャッシュの「ハッシュ・ウォー」。中心人物となったのは誰と誰?
3.ジハン・ウーとクレイグ・ライト

回答

正解!
 
ジハン・ウー氏とクレイグ・ライト氏です。ハッシュ・ウォーとは、2018年11月に予定していたビットコインキャッシュのネットワークのアップグレードを巡ってウー氏率いるABC派とライト氏率いるSV派で意見が対立したことから始まり、敵対的ハードフォークを行ってマイニングコスト度外視のパワープレイでハッシュパワーを増大させ、ブロック生成の競い合いを行いました。
この戦争の最中、両者がTwitter上で口撃合戦を始めると、ビットコインの価格も一時70万円台から30万円台まで暴落しました。結果的に両者陣営はそれぞれの思想を掲げ、ABC派はビットコインキャッシュとして、SV派はサトシビジョンを掲げビットコインSVとして現在に至ります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます